春キャベツのビタミンU効果がすごい

キャベツに含まれるビタミンUにも、胃腸の粘膜を修復する働きがあります。ビタミンUは、胃腸薬でお馴染みのキャベジンとも呼ばれる成分であることからも、効果のほどはおわかり頂けるでしょう。

本日 0pv

合計 994pv


スポンサードリンク

  出典 cdn.amanaimages.com

胃腸の粘膜を守り免疫力をアップ
生で食べると効果大

 スーパーにずらりと並ぶ春野菜。なかでも人気が高い春キャベツに多いのが、胃腸薬にも配合されている成分のキャベジン(ビタミンU)。「ビタミンUは細胞を作るための材料となり、傷ついた胃腸の粘膜の修復を促進する」と北海道農業研究センターの瀧川重信主任研究員は話す。

 キャベツには、胃にいい成分がもう一つあることが最近の研究でわかった。「キャベツを切ったり、かみつぶしたりすると、キャベツ中の酵素が働いてリゾホスファチジン酸(LPA)ができる。これに細胞を増殖させて胃の修復を促す働きがある」(徳島大学薬学部の田中保准教授)。これらの成分のおかげで、キャベツは“食べる胃腸薬”ともいえる作用を発揮する。ただし、ビタミンUもLPAを作り出す酵素も熱に弱い。「生でよく噛んで食べる」ことが重要だ。

 さらにキャベツには、アブラナ科の植物特有の「免疫力アップ」や「解毒力アップ」の効果もある。しかも、この働きは加熱に強い。「キャベツの免疫力や解毒力が調理で変化するか調べたが、煮ても焼いても効果はほとんど落ちなかった」(首都大学東京大学院の福家洋子教授)。

 キャベツの免疫力や解毒力を上げる作用は「続けて食べれば1日あたり葉1枚(30~50g)程度で効果が期待できるだろう」と帝京大学薬学部の山崎正利名誉教授は話す。ぜひ冷蔵庫に常備しておきたい野菜だ。

  出典 “食べる胃腸薬”キャベツの食べ方:日経ウーマンオンライン【今晩はこの食材で決まり!!】

このようにキャベツには豊富な栄養素が含まれていますが、この中でも特徴的なのは、ビタミンUです。ビタミンUはキャベツから発見されたので、「キャべジン」とも呼ばれています。
ビタミンUには、胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にし、粘膜を保護し、傷ついた粘膜を修復する働きがあります。また、過剰な胃酸の分泌を抑える働きも知られています。これらの働きにより、胃腸の炎症、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防、改善します。
このため、ビタミンUは医薬品として治療にも用いられていますし、ビタミンUを主成分とする胃腸薬も市販されています。

ビタミンUには水に溶けやすく、熱に弱い(加熱すると減少する)という性質があります。このため、水にさらさない方がよいですし、加熱する場合も短時間にするのがよいでしょう。
生で食べると、ビタミンUを最も効率よく摂取することができます。加熱調理する場合は、煮てスープなどにして、煮汁ごと食べるとよいでしょう。

春キャベツは生で食べるのがおいしいですから、ビタミンUの摂取にはもってこいなのです。

  出典 ビタミンUたっぷり 春キャベツ | 旬の話 ハレの日の旬・ケの日の旬 | 住まいネット新聞「びお」

キャベツに含まれるビタミンUにも、胃腸の粘膜を修復する働きがあります。ビタミンUは、胃腸薬でお馴染みのキャベジンとも呼ばれる成分であることからも、効果のほどはおわかり頂けるでしょう。

  出典 時間がない朝に作るエナジー朝食:花見続きで弱った胃腸に「玉ねぎと大根とキャベツのポタージュ」 | ライフハッカー[日本版]
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.