嵐から大野智が脱退!?

松本潤が明かす“脱退騒動”の真相とは?

本日 21pv

合計 783pv


スポンサードリンク

10月4日放送の「TOKIOカケル」(フジ系)に松本潤がゲスト出演。デビュー前の嵐に降りかかった“脱退騒動”について明かした。
1996年に事務所入りした松本は、二宮和也や相葉雅紀と同期入所。その後、1994年入所の大野智、1995年入所の櫻井翔とともに、1999年に嵐としてデビューした。嵐のメンバーが決まっていく過程で、綺麗にバラードを歌える大野が参加することに。
だが、その当時の大野について松本は「リーダーは(ジャニーズ事務所を)辞めようと思ってた」と振り返る。嵐がデビューする前のある日、レコーディングの手伝いとして呼び出された大野だったが、譜面には「大野ソロパート」という文字が。その時の大野の様子を「これヤバいな、ってあの人は思ったらしい」と松本。大野はとりあえず穴を空けることなくレコーディングをやりきったが、「それから2週間ぐらい、携帯も家の電話も全部出なかった」と、松本は大野の“脱退騒動”について説明する。
デビュー前の大野は京都で舞台に立つ日々を送っており、そこでの苦労が大野に“脱退”を考えさせることになったのでは、と松岡昌宏や国分太一は推測。京都時代の大野の苦労について、松本は「半年に1回くらい、どうしても泣いちゃうらしい」と説明を付け加える。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.