久松郁実、最新グラビアでも変わらぬ魅力炸裂!

セクシービキニで健康的な完璧ボディを披露

本日 17pv

合計 393pv


スポンサードリンク

ファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルで、タレントや女優としても活躍中の久松郁実(21)。グラビア人気も高い彼女が、7日発売の「週刊少年マガジン」(講談社)で健康的な美ボディを見せつけた。
 少年向けで、掲載作品のキャラが表紙を飾ることもある同誌。もちろん人気アイドルなどが起用されることも多いが、ここ最近で水着を身につけて表紙を飾ったのは、昨年11月発売の50号に起用されたNMB48の白間美瑠(20)、吉田朱里(21)、太田夢莉(18)の3人だ。
 今回、久松はカバーで豊満な胸の谷間を露出したビキニショットを披露。巻頭グラビアでも真っ白なビキニや鮮やかな黄色の水着を身につけ、笑顔とボディを弾けさせている。このグラビアのテーマは「おうちデート」で、朝ご飯を食べる姿やベッドの上で寝転ぶシーン、うつ伏せで肘をつきながら将棋を指している姿などが収録。いずれのカットでも久松はビキニを身につけ、女性らしい柔らかさを感じさせる完璧なボディをあらわにした。
 これにネット上のファンからは、「いつ見ても最高のカラダ」「細すぎないのがいい!」「こんな水着美女が家にいたらヤバすぎる」といった興奮の声が続出。少年向けのマンガ誌とあって久松は健康的な魅力を放っているが、オトナのファンも大満足だったようだ。
 今回、久松が「少年マガジン」に登場するのは5度目。初表紙を飾った14年11月から常にビキニ姿を見せており、そのたびにファンから絶賛コメントが寄せられてきた。ちなみに、久松の本格的なグラビアデビューとなった雑誌は「週刊ヤングマガジン」だ。その後、ファーストイメージ作品がAmazonランキングの1位を獲得するなど、グラビア界を席巻。男性誌の表紙を飾りまくり、いつしか「グラビアクイーン」と呼ばれる存在にまで成長した。
 久松の勢いは衰えるどころか加速しており、昨年リリースのDVDもAmazonランキングで長らくトップに君臨。2018年版の公式カレンダーも一時期売り切れ状態になるほどで、そのアザーカットを収録したデジタル写真集も好評を博した。先月末にもヤンマガ編集部によるデジタル写真集『お泊まりしちゃう?』をリリースし、普段の水着グラビアとは異なり、温泉宿でしっぽりとした大人の色気を発揮している。
 久松は高いグラビア人気を背景に女優やタレントとしても活躍。昨年、ネット配信され現在フジテレビで放送中のドラマ『ROAD TO EDEN』ではヒロインに抜擢され、地球とは別の惑星を舞台にしたバトルSFドラマで激しいアクションに挑戦した。
 また、今月4日スタートのネットバラエティ『恋愛学部交流会 ラブキャンパス』(AbemaTV)では、ダレノガレ明美(27)と共にMCに挑戦。この番組は現役大学生による恋愛リアリティショーで、自身も大学在学中の久松は、同世代の男女の恋愛模様を現役JD目線で解説して番組を盛り上げる。
 ドラマ・バラエティで活躍し、グラビア人気も高い久松の快進撃はまだまだ続きそうだ。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.