本日 0pv

合計 147pv


スポンサードリンク

  出典 upload.wikimedia.org

アミノ糖の一つ

動物においては、アミノ基がアセチル化されたN-アセチルグルコサミンの形で、糖タンパク質、ヒアルロン酸などグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の成分となっている。
(グルコサミノグリカン:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3

グルコサミンは、軟骨の主成分であるプロテオグリカンという成分を作り出す原料となっています。

  出典 グルコサミンとコンドロイチンの違いとは?

グルコサミンは軟骨を作るもととなり、関節の健康を保つことで、私たちのスムーズな動きを支えているのです。

魚や動物のムコ多糖類に含まれる成分で、かにやエビなどの甲殻類のキチンに多く含まれています。

  出典 グルコサミンの効果と効能 ひざ・ひじ・腰などの関節痛・関節炎の予防や改善 | サプリメントラボ

だからエビ・カニにアレルギーがある人は植物性グルコサミンを選ぶ必要があります。

グルコサミンは食品の中にごく少量含まれている栄養素で、体内でも軟骨細胞から作り出されるアミノ糖です。その主な働きは、軟骨を作るのに必要なグルコミノグリカン(ムコ多糖類)の生成を促すことです。

  出典 グルコサミン コンドロイチン

  出典 kireigenki.whdbeauty.com

グルコサミンの効果

●関節痛を改善する効果
●軟骨の強度や柔軟性を向上させる効果
●グルコサミンのその他の効果(抗炎症・血小板凝集抑制)

グルコサミンは、軟骨そのものを強化し、すり減っていく軟骨を修復したり再生を促したりするはたらきがあると言われています。

  出典 グルコサミンとコンドロイチンの違いとは?

また、変形性関節症のように軟骨が極端にすり減って起こる関節痛の緩和や、炎症の抑制にも効果的であるとして、研究がすすめられている成分です。

グルコサミンは軟骨を構成する成分の一つです。加齢によりすり減ってしまった軟骨を修復する働きがあると考えられています。

  出典 グルコサミンの効果と効能 ひざ・ひじ・腰などの関節痛・関節炎の予防や改善 | サプリメントラボ

グルコサミンは新しい軟骨の生成を促進し、変形関節症の進行を食い止め、場合によって治癒に向かう効果があります。

関節痛を改善する効果 グルコサミンを補給することによって軟骨の摩擦が抑制され、関節痛や変形関節症の痛みや腫れを改善し、傷ついた軟骨を修復し再生を促すという効果があります。

  出典 グルコサミンの効果とコンドロイチンとの関係 - みんなの健康食品・サプリメント百科

軟骨に働きかけ、関節部分の細胞の新陳代謝を活発にし、軟骨のクッションに当たる部分を修復するので様々な部位の炎症性関節炎や痛みを改善する効果があります。

グルコサミンは軟骨を作るもととなり、関節の健康を保つ ことで、私たちのスムーズな動きを支えているのです。

  出典 グルコサミンとコンドロイチンの違いとは?
- PubMed - NCBI
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21969261
Effect of a dietary supplement containing glucosamine hydrochloride, chondroitin sulfate and quercetin glycosides on symptomatic knee osteoarthriti... J Sci Food Agric. 2012 Mar 15;92(4):862-9. doi: 10.1002/jsfa.4660. Epub 2011 Oct 3. Randomized Controlled Trial

グルコサミンを含む栄養補助食品の変形性膝関節症治療の可能性を検討した研究が行われています。膝変形関節症を持つ40名の日本人被験者を対象に無作為化二重盲検プラセボ対照試験を行いました。1日あたりグルコサミン1200 mg、コンドロイチン60 mgおよびケルセチン配糖体もしくはプラセボを16週間与えました。結果として、日本整形外科学会基準に基づく有効性が示され、II型コラーゲン合成/分解のバランスの改善傾向を示しました。グルコサミン、コンドロイチン、ケルセチン誘導体の組み合わせは変形性膝関節症を軽減することが示唆されました。

- PubMed - NCBI
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10732937
Glucosamine and chondroitin for treatment of osteoarthritis: a systematic quality assessment and meta-analysis. JAMA. 2000 Mar 15;283(11):1469-75. Meta-Analysis; Research Support, U.S. Gov't, P.H.S.; Review

膝関節および腰の変形関節症におけるグルコサミンおよびコンドロイチンの有益性について、無作為二重盲検の試験を行った文献15件を調査することで検討されました。結果から、治療効果がグルコサミンは中程度、コンドロイチンは大程度と認められました。また、疼痛および機能の間には比較的相関関係がありました。このことは、グルコサミンとコンドロイチンに一定の有効性を示し、膝関節および腰の変形関節症に効果がある可能性を示します。

- PubMed - NCBI
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20218092
Effects of glucosamine and Celadrin on platelet function. Clin Lab Sci. 2010 Winter;23(1):32-6.

24名の健常者を対象に2週間1500 mgのグルコサミンおよびセラドリンを与え、血液検査をしました。グルコサミンおよびセラドリンは、アスピリン様作用による血小板凝集を阻害する可能性が示唆されました。この結果から、グルコサミンおよびセラドリンの持つ抗血小板効果によって、血栓障害を改善することが考えられます。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.