スポンサードリンク

鳥取二十世紀梨記念館館長の宮本さんはこう語る。

Q. 二十世紀梨はゴミ捨て場で見つかったの?


  出典 matomail.biz

宮本京子さん
「実家が梨園をしていた松戸覚之助という当時13歳の少年が、ゴミ捨て場に生えていた新種の梨を偶然見つけ、育てたことが二十世紀梨は生まれたんです」


  出典 matomail.biz

確かに二十世紀梨はゴミ捨て場で見つかった。




そして100年がたった今、松戸覚之助さんの子孫は・・・


  出典 matomail.biz

子孫は今は柿が好きだった。

【補足トリビア】
①千葉県松戸市に住んでいた松戸覚之助少年が、ゴミ捨て場に生えていた梨の木を持ち帰って育てたものが二十世紀梨の元になった。その後品種を改良し、今の形になっている。
②正式な名称は「ニジッセイキナシ」
③年間の売り上げは、約6億~7億円。
④梨の中では、「幸水」「豊水」についで3番目の売り上げである。

  

出典 Youtube

トリビアの泉「20世紀梨はゴミ捨て場で見つかった」【雑学C
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.