スポンサードリンク

ジャイアント馬場の靴下を作り続けた方はこう語る。

1文は2.4cmなので、16文は38.4cmということになる。
そこで、ジャイアント馬場の靴下を作り続けた、三晃株式会社元専務の太田光正さん(80)に話を聞いてみた。


  出典 qutto.net

三晃株式会社


  出典 qutto.net

太田光正さん

Q.何年靴下を作っているんですか?
「50年・・・50年と半年ぐらいだな」

Q.では、馬場さんの足は16文ありましたか?
16文はなかったんじゃないですかね。あの・・・・・・うん」

本当は何cmなのか?

靴下博物館にて、ジャイアント馬場の靴下を作るため、特別に作られたという貴重な足型を実際に測ってみた。


  出典 qutto.net

  出典 qutto.net

ジャイアント馬場の足型(下)と普通の足型を比べてみる


  出典 qutto.net

すると・・・・・・
33.8cmしかない。
1文は2.4cmなので・・・・・・。


ジャイアント馬場の足は14.08文だった。

【補足トリビア】
①ジャイアント馬場がアメリカ修行から戻った際に、持ち帰った靴に「16」と書いてあったことから、「16文キック」と名付けられた。
②靴下は特注なので1足3000円もする。
③靴下はハイソックスで、ひざ下が54センチもある。

  

出典 Youtube

ジャイアント馬場の足は16文なかった
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.