本日 0pv

合計 195pv


スポンサードリンク


方意



  出典 chinese-kampo.com

肝機能を整え、高ぶった精神状態を改善する漢方の妙薬。


肝気が昂って興奮するものを抑える方剤である。元来は小児のひきつけの処方として有名。
肝火亢動して発熱、驚悸搐弱、筋肉の緊張を来たしている状態を鎮静させるのでこの名がある。
病位は足厥陰肝経。虚実錯雑証。
脈は弦。
舌は紅で乾湿中間、白苔をみる。

【診断のポイント】
・イライラ、興奮しやすい
・腹直筋の緊張、筋痙攣
・心下痞硬


証、病機、主治など



肝陽化風
  出典 ハル薬局
肝腎陰虚で肝陽が上亢して生じる内風で眩暈や痙攣を起こす病態。

保嬰撮要(急驚風門)に「肝経ノ賦熱、搐ヲ発シ、或ハ発熱咬牙、或ハ驚悸寒熱、或ハ木土ニ乗ジテ嘔吐痰涎、腹脹食少ナク、唾臥不安ナルモノヲ治ス」とある。
  出典 健康情報


保険適応、効能など



虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症
  出典 ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)


処方構成



  出典 matomail.biz

平肝熄風・補気血


【保険適応】
虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症

本方は全体としては、気血両虚の状態にある者が肝陽化風の症状を呈するときの処方である。


方義




熄風止痙、清熱平肝
風熱を除き驚を定む。大人の頭旋目眩、小児の驚啼瘈瘲を治す。(熄風止痙、平肝清熱)



和解退熱、疏肝解鬱、昇挙陽気



補脾益気、潤肺止咳、緩急止痛、緩和薬性
補中益気、脾胃の不足を補い心火を瀉す。釣藤、柴胡、甘草で肝気の緊張を緩解し、神経の興奮を鎮める。



補血、活血、止痛、潤腸
補血調経。肝血を潤し肝気鬱血を防ぐ。



利水滲湿、健脾安神
白朮と共に健脾利湿の効能があり、肝気の昂りによって脾の運化が損なわれ、痰飲が停滞したのを去る。



補気健脾、燥湿利水、止汗安胎



活血行気、祛風止痛
血中の気薬、気鬱血鬱を治す。肝血をよく疏通させる。当帰と合わせることで血を保養して気をめぐらせ、瘀血を除く作用が増強される。


処方鑑別



抑肝散加陳皮半夏
本方の症状が慢性化して、腹壁筋が軟弱となり、腹部大動脈の拍動が強く感じられる場合に用いる。

柴胡加竜骨牡蛎湯
比較的体力のある人が動悸、不眠、清心不安、神経過敏などの精神神経症状を訴え、季肋下部に抵抗・圧痛(胸脇苦満)、臍榜の動悸、便秘の傾向のある場合に用いる。

加味逍遥散
体力虚弱な人、特に女性が疲れやすく、手足の冷えのぼせとともに動悸、不眠、精神不安など、種々の精神神経症状を訴える場合に用いる。(気血両虚、肝鬱化火)

半夏厚朴湯
神経質で動悸、不眠、精神不安、異物咽頭感(咽中炙臠)を訴える場合に用いる(気滞)。

甘麦大棗湯
症状が急迫性で腹直筋が緊張し、神経がはなはだしくたかぶり、時に痙攣を伴う場合に用いる。

釣藤散
癇癪持ちで逆上や頭痛めまいがある。(脾気虚と痰湿で肝陽化風)

引用元:http://sharetube.jp/article/5906/


参考リンク



・ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)
http://sharetube.jp/article/5906/

・生薬のブログ: 生薬一覧
https://ktuasmuar3i.blogspot.jp/p/blog-page.html

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.