暑い夏。自分でできる夏バテ対策BEST6!

35℃以上の暑い日が続く昨今の夏。
夏バテの対策を知って健康的な夏を過ごしませんか?

本日 0pv

合計 379pv


スポンサードリンク

  出典 trendstyle96.net



暑い時、体は汗をかくことで体温の上昇を防ごうとします。

ところが外気温よりも5℃以上低い温度差がある室内に入ると、発汗が突然止まります。

こうしたことを一日に何度も繰り返したり、または一日中低め温度のエアコンの中にいると、自律神経がうまく働かず、体温調節の機能が乱れます。

その結果、体の表面は冷えて汗は出ていないのに体内には熱がこもったり、上半身は冷えるといった、寒熱のバランスが崩れた状態になって、次第に疲れやだるさを感じるようになります。

これが近年の夏バテの傾向です。

冷房が利きすぎた電車で長時間いどうしたり、猛暑のなかでの外出が多いときはなかなか調整が難しいですから、自分でできる夏バテ対策を考えておきましょう。



1.体温調節のポイント 「汗」のコントロールを心がける

定期的に汗をかくのが良法ですが、それがなかなかできない場合はお風呂を活用します。

週2~3回は湯船につかることをおすすめします。

38~40℃のぬるめのお湯でうっすら汗がでてくるまでつかると、寒熱のバランスが整います。

2.喉が乾いてなくても水分補給を

3.外出時は「もう一枚」をわすれずに

4.規則正しい食事&体温を温める食材を料理に取り入れて

5.寝ている間も温度に注意

6.腹式呼吸で自律神経を調節

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.