「ウーバーはスマホの電池残量を監視している」?

「ウーバーはスマホの電池残量を監視している」という衝撃的事実.
はたして真相は・・・・・・

本日 0pv

合計 286pv


スポンサードリンク

ウーバーを頻繁に利用するユーザーであれば、一度は「サージ・プライシング(ピーク時料金)」を経験したことがあるだろう。ウーバーの料金体系は、混雑状況に応じて価格がリアルタイムで変動する仕組みになっている。例えば突然の雷雨や大規模な祭りなどで利用者が急増した際には、料金が通常の2、3倍に跳ね上がる。

ウーバーによると、サージ・プライシングを導入したことで、急ぎでないユーザーは料金が落ち着くまで注文を待つ一方で、ドライバーの多くが料金が上昇した地域に集中する傾向が見られるようになったという。この結果、需要と供給のバランスが次第に均衡し、ETA(乗車までの待ち時間)や価格が平常レベルに戻るのだという。

電池残量が低いユーザーは「高くても乗る」傾向

ウーバーの担当者のキース・チェンは、アメリカのラジオ局NPRのポッドキャストに出演した際、興味深いデータを公表した。ユーザーはスマホの電池残量が少ないとき、電池切れで知らない場所で立ち往生したくないという心理から、高騰した料金を受け入れるケースが多いという。逆に、電池残量が多いユーザーは料金が落ち着くまで待つ傾向があるという。

しかし、ウーバーはどのようにしてユーザーの電池残量を把握しているのだろうか。ウーバーのプライバシー規約には、ユーザーの様々な端末情報に加え、電池残量についても情報を取得することが記載されている。そうであれば、ウーバーはユーザーの電池残量を監視し、残量が低いユーザーに対しては通常よりも高い料金を提示することが可能になる。
チェンはラジオのインタビューでこの点を指摘され、「取得したデータをそのように悪用することはあり得ない。ただ、電池残量に応じて料金に対する許容度が変わるというのは心理学的に見てとても興味深い話です」と述べた。

サージ・プライシングは、ウーバーの中でも最も評判が悪い機能の一つだ。祝日の後などには料金が9.9倍に跳ね上がることも珍しくない。2014年12月にオーストラリアのシドニーで人質立て籠もり事件が発生した際、料金が急騰したために非難が殺到し、ウーバーは謝罪に追い込まれた。その後、同社は事件現場から避難する人々に無料乗車を提供し、ドライバーに対しては上昇した価格に基づく手数料を支払った。

昨年、ウーバーはシカゴ大学ブースビジネススクールのクリス・ノスコ教授と組んでサージ・プライシングに関する研究論文を発表した。研究のテーマとなったのは、2年前の大晦日に生じたシステム上の欠陥による影響だ。このとき、ニューヨークでは26分間に渡ってサージ・プライシングが機能しなくなった。ノスコ教授は、サージ・プライシングを導入しなければ配車依頼から数分以内に車両が到着せず、ウーバーのサービスが機能不全に陥ると結論付けた。

その理屈はこうだ。通常、大きなイベントが発生してサージ・プライシングが作動すると、配車依頼が急激に減少してほぼ全てのユーザーが数分のETAで乗車することができる。しかし、ニューヨークでサージ・プライシングが機能しなかったときには需要が急増し、配車依頼の25%にしか対応できずにETAも大幅に延びたという。

チェンは、この他にも興味深いデータを明らかにした。それは、サージ・プライシングを示す倍数が切りの良い数字だとユーザーの反応がより顕著になるというものだ。「例えば倍数が1.9倍から2.0倍に切り替わったときと、1.8倍から1.9倍に切り替わったときを比較すると、前者の方が6倍も需要が落ち込む。料金の増額分は同じであるにも関わらず、ユーザーにとっては2.0倍と表示されたときの方がインパクトが強いことがわかった」とチェンは述べている。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.