スポンサードリンク

童話に詳しい昭和女子大学の西本さんはこう語る。


  出典 matomail.biz

昭和女子大学・西本鶏介教授

Q. 「シンデレラ」は「おしん物語」だった?

西本教授「そうですね。明治の頃は確かに「シンデレラ」は「おしん物語」というタイトルでした」


Q. 「おしん物語」は何に収められている?

西本教授「1901年に富山房から出た小学校の教科書「国語読本」に収められている作品の一つです」


  出典 matomail.biz

実際にその本を見てみると


  出典 matomail.biz

やはり「おしん物語」である。



その内容を現代のシンデレラと比べてみると・・・


  出典 matomail.biz

シンデレラがガラスの靴を忘れたのに対して、「おしん物語」のおしんは、扇を忘れていた。


  出典 matomail.biz

さらに夢を叶えてくれる魔法使いが、「おしん物語」では弁天。


  出典 matomail.biz

そして、シンデレラは魔法が夜12時に切れるのに対して、「おしん物語」では夕方の6時。

「おしん物語」はタイトルだけでなく内容も和風にアレンジされていた。

【補足トリビア】
①明治34年(1901年)に冨山房から出版された「国語読本高等科女子用」に納められている。
②日本人により親しんでもらうために、作者の坪内逍遥がタイトルも中身も日本風にアレンジした。
③「シンデレラ」が苦難を耐え忍んでいるさまから、「おしん(お辛)」と名付けた。
④橋田壽賀子さん脚本のドラマ「おしん」とは全くかかわりがない。
⑤「シンデレラ」がガラスの靴がぴったりなことで証明したのに対し、おしんは扇のガラを当てて証明した。

  

出典 Youtube

トリビアの泉「シンデレラの邦題は、おしん物語だった」
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.