鍋や鉄板などの焦げを造作なく取り除く技術

お鍋が真っ黒焦げになってしまった時に、元通りビューディフルにピカピカになる手法整理してみました。

安いお鍋も直ちにには捨てないで、試してみてください。



本日 0pv

合計 218pv


スポンサードリンク

焦げた鍋は天気の良い日に「天日干し」するだけで焦げが落ちやすくなるそうです!直射日光の当たる位置に出しておくだけなのでお余裕ですね!元はデフォルト放置で、万が一雨が降ったら濡れないロケーションへ置き換えさせればOKとの事。

期間の指標は1週間程度だそうですよ◎。


  出典 weboo.link

鉄材質の鍋やフライパンが焦げたら、その上火にかけて焦げを「焼き切る」という技術もあるようです。

空焼きするだけなので手軽にですね!しかし、煙や焦げ臭いにおいが出るので「換気扇」は絶対つけてから開始しましょう。



百円均一でも提供されている「重曹」は焦げにも有効!初めに、焦げた鍋の中で「水1L:重曹大さじ1」の比率で重曹水をつくります。

混ぜたら火にかけて、泡が溢れないよう10分程度沸騰させたら火を止めます。

後は、ゴム手袋をつけて焦げのところをスポンジで擦るだけでOK!粉状の重曹を直接振ってから擦ると研磨影響もあり更に影響的◎。

重曹と同じアルカリ剤である「過炭酸ナトリウム」は、更に「酸素の発泡力」が加わります。

焦げた鍋に、過炭酸ナトリウムを大さじ1程度を入れ、40〜50℃のお湯を注ぎしばらく放置すると焦げが浮いてくなるそうです。

※お湯が50℃をこえてしまうと、過炭酸ナトリウムがすぐに分解して影響が薄れるので配慮!。


  出典 weboo.link

酢やクエン酸は、焦げやアルミ材質の黒ずみ落としにも有効!方法は、先程の重曹と同じで鍋に水と酢またはクエン酸を入れて10分間沸騰させる→こすり落とす。

という流れです。

擦るだけでスルッと落ちますよ♪さらに、軽い焦げなら火にかけず「浸け置き」でも落ちやすくなるようです◎。

いつもは廃棄するだけの「卵の殻」も応用可能なそうです!最初に、鍋に水を注ぎしばらく火にかけ焦げが柔らかくします。

後は、詳細に砕いた卵の殻入れてスポンジなどでこすり落とすだけでOK。

研磨影響が大きく上乗せするというわけですね!優しく落とせるので、特に傷が入りやすい、土鍋やテフロン加工といった鍋にも最適では♪。

捨ててしまうだけの林檎の皮を応用!焦げた鍋に、リンゴ1個分の皮をお湯で10分程度煮立たせ、冷めてからスポンジでこするだけでOKだそうです。

更に酢をわずか加えると影響が上がるそう!

出汁を取る以外では、捨ててしまう事が全くの玉ねぎの「茶色い皮」のところ!この玉ねぎの皮をお湯で煮立たせると、お湯が茶色になってきます。

更に沸騰させ焦げたところが柔らかくふやかえてきたところでヘラなどを利用し、軽く擦れば落ちていくそうですよ◎使用頻度の高い玉ねぎなら、手っ取り早いなのでスグに試せそうですね!。

傷が悩ましいなテフロン加工(フッ素樹脂加工)の焦げを落とすには片栗粉!焦げた鍋に、ドロっとならない程度にすり合わせした「水溶き片栗粉」を、鍋に薄い膜が張る程度の量を判断基準に流し入れます。

火にかけ、片栗粉が透明になったら火をとめます。

片栗粉がパリパリに乾燥したら剥がしましょう!この時共に焦げまで剥がれるそうですよ◎。

ステンレス鍋が焦げた時、これまでご解説したテクニックも有効のようですが、すっきりな手順もありました!水を注ぎ「15分間程度沸騰」させたら火をとめ、さわれるくらいにお湯が冷めたら、ナイロン製のたわしでなどで擦るだけでも落ちるそうです。

何も使わないで済むので、初めにこのテクニックから試してみると良さそうですね◎。

鍋の外側の焦げ付きも、普通に使用する原材料や時は、これまでご解説したメソッドと同じものを利用します。

「大きい鍋」仕込みし、その中に焦げた鍋やヤカンを入れると、外側の浸け置きや、煮立たせる事ができますね!他にも、そっくりは入らない!といった時には、このように片面ごとに浸すと応対できるのです◎。

大きな鍋が見当たらない!という事例には、クエン酸水や重曹水を染み込ませた厨房ペーパーを貼り、ラップで巻いた「湿布」をする手段も!指標は一晩程度でOK!ただ、成果としては結局重曹水・クエン酸水で煮立たせる方があるようです。

湿布でも取れない時は、重曹に少量の水を加えペースト状にしたもので磨くと影響的です◎。

焦げやすいステータスをつくらないためには日頃のメンテンスも大事ですね!

使ったら早めに洗って、ちゃんと乾かすようこころがけましょう。

汚れや濡れた状況で長時間放置すると、錆びにくいとされている「ステンレス鍋」でもサビが現れてする見込みがあるそうですよ!。

ホーロー鍋などのデリケートな鍋は以外でも、アルミ材質の雪平鍋は、錆がつかないよう「アルマイト加工」が施されているものも多々あるようです。

このようなケースは、この加工ところを剥がしてしまわないよう、研磨剤や金属製のヘラやタワシといった傷の入りやすいモノは使わないように気をつけましょう!。

鉄鍋は使用の度に油を吸収し馴染んでいくものなので、洗剤を使用すると皮膜まで落ちて焦げのきっかけに繋がります!使ったらスグに「お湯×亀の子タワシやナイロンブラシ」などで洗います。

その上強火にかけ、水気を二分の一くらい蒸発させたら火をとめ、冷やしてから保管するとOK◎※空炊きしすぎると鍋肌が傷みサビが出る見込みがあるので少なくとも30秒程度で!。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



    スポンサードリンク

    話題まとめHOT

    当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


    Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.