メーデーは遭難信号

メーデー(Mayday)とは、無線電話で遭難信号を発信する時に国際的に使われる緊急用符号語。フランス語の「ヴネ・メデ(venez m'aider)」、すなわち「助けに来て」に由来する

本日 1pv

合計 3515pv


スポンサードリンク

メーデー(Mayday)とは、無線電話で遭難信号を発信する時に国際的に使われる緊急用符号語。フランス語の「ヴネ・メデ(venez m'aider)」、すなわち「助けに来て」に由来する[1]。一般に人命が危険にさらされているような緊急事態を知らせるのに使われ、警察、航空機の操縦士、消防士、各種交通機関などが使う。「メーデー呼び出し」は、雑音が強い状況で似たような言葉と取り違えられることを防ぎ、また実際の「メーデー呼び出し」部分と「メーデー呼び出し」した通信メッセージ内容とを区別するため常に3回繰り返す(メーデー、メーデー、メーデー)ことになっている。

「メーデー! メーデー! メーデー!」―生死を分ける救援コール
http://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/102010371
「メーデー! メーデー! メーデー!」―生死を分ける救援コール 漁船が炎と煙に包まれ,乗組員に命の危険が迫りました。「もし船長が『メーデー』を発信しなかったら,ノーティカル・レガシー号は海の藻屑と消えていたでしょう」と,カナダ沿岸警備隊の士官は語ります。沿岸警備隊が現場に急行し,乗組員は全員救助されました。*

メーデーは、船舶、航空機、車両、または人間が重大で差し迫った危機にあり、即時の救助を必要としていることを意味する。「重大で差し迫った危機」の例としては、火災、爆発、沈没などがある。
メーデーはどんな周波数でも発信でき、一旦メーデーが発信されたらその周波数では救助の支援となる通信以外、いっさいの通信は許されない。このように重大な意味を持つため、生命や乗り物に差し迫った危険がある場合にのみメーデー呼び出しが許される。
メーデー呼び出しは音声無線でなされ、例えば民間航空機ではVHF帯とHF帯が使われる。どの周波数帯でもメーデー呼び出しは遭難として認識されるが、沿岸警備隊や航空交通管制といったメーデー呼び出しに対応する組織が常に監視している周波数帯は限られている。海事中波の2182kHz、国際VHFのch16(156.8MHz)、航空用の121.5MHzと243.0MHzである。メーデー呼び出しはモールス符号のSOSにほぼ対応し、電話での119番(緊急通報用電話番号)にほぼ相当する。
沿岸警備隊がメーデー呼び出しを受信すると、救難艇やヘリコプターが現場に向かう。付近を航行中の船舶が救助のために航路を変更することもある。

  出典 Wikipedia
「SOS」と「メーデー、メーデー」の意味を教... - 英語 | Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217471177
「SOS」は電信の国際モールス記号で、遭難信号を意味します。「・・・---・・・」と打電します。短点と長音の組み合わせが、緊急時に一番簡単で聞き間違いも少ないということで選ばれました。「・・・」がSで「---」がOを意味します。 「メーデー」はフランス語の「助けて」が語源だと言われてますが、こちらは電信でなく無線電話で使われる遭難信号です。
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.