正しい「足の臭い」の撃退方法


足の臭いの原因は、根本的には以下の3つです。

(1)足に汗をかき、蒸れる
(2)余分な角質が汗でふやける
(3)角質をエサに雑菌が繁殖する

それぞれに対し、しっかりと対策を行えば、必ず足の臭いを解消することができます。

本日 0pv

合計 257pv


スポンサードリンク

正しい足の臭い対策

(1)足の汗対策

足の裏には汗腺がたくさん存在するため、靴を履いた状態だと、1日に約コップ1杯分の汗をかくと言われています。

汗自体を止めるのは難しいため、以下のような対策を行いましょう
できるだけ靴下をまめに履き替える
抗菌防臭効果のある中敷きを入れる
蒸れにくい靴を履く

特に汗の多い足指の間には、専用のガーゼなども発売されていますので、利用してみるのもよいでしょう。また、靴は、合成皮革の靴は通気性が悪いので、革靴や、可能な場面では布製の靴やサンダルを履くようにしましょう。

一度履いた靴は陰干しをして完全に湿気が抜けてから履くようにしてください。

(2)角質対策

最も手軽なのが、入浴時に軽石などで適度に取り除くことですが、やり過ぎると水虫などに感染しやすくなります。

予算が許せば、フットケアサロンなどで適切に角質を取り除くのがオススメですが、足用のスクラブ剤やピーリング剤などもありますので、軽石などでは「ついついこすり過ぎてしまう」という方は試してみてはいかがでしょうか。

自宅でのかかとの角質ケア方法について詳しく知りたい方は、「角質ケアで、ガサガサの足をすっきりケア」をご参照ください。

(3)雑菌対策

足の雑菌対策としては、以下のようなことを実施しましょう。
朝出かける前に足を洗う(臭いが強い人はお酢を入れたお湯で足湯をしましょう)
足を拭き、完全に乾いてから消臭スプレーやクリームを塗る(特に足の指の間は念入りに!)
外出先で汗ばんだら、なるべく早めに除菌効果のあるウェットティッシュで足を拭き、消臭スプレーやクリームを塗り直す
履いた靴の内側はアルコールスプレーなどを吹き付けて拭く

雑菌対策として最も簡単なのが、市販の殺菌効果のある消臭スプレーやクリームなどを使用することですが、既に汗ばんだり、臭くなってから塗布しても効果は半減してしまいます。

使用する前は、足を洗い、完全に乾かしてから使用しましょう。外出先では、殺菌効果のあるウェットティッシュなどで足を拭いた後に使ってください。

既に雑菌が繁殖し、靴自体が臭う場合は、洗えるものは自宅で洗い、そうでないものは新しくするなり、靴のクリーニングサービスを使用するとよいでしょう。

これらのことを行えば、足の臭いは大幅に軽減するはずです。足の臭いが気になる方は、ぜひ一度試してみてください。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.