本日 0pv

合計 152pv


スポンサードリンク


方意



  出典 chinese-kampo.com

無汗で発熱性の悪性の病気の初期に効く漢方の妙薬


太陽の傷寒(烈しい感冒症状)に用いる。
病位は太陽病の経病。表寒表実に対する基本処方である。
脈は浮緊。舌および口中淡紅で薄い白苔をみることが多い。

【診断のポイント】
・発熱、悪寒、無汗
・脈 浮、緊
・喘咳、身体疼痛(腰、四肢、関節)


証、病機、主治など



外感風寒
  出典 ハル薬局
治法⇒辛温解表・止咳平喘

風寒の邪を感受し、寒邪偏盛のために凝斂して表閉営鬱を呈した病態。
  出典 薬膳情報.net
傷寒論では太陽病傷寒と称している。

外感風寒。
  出典 【 百年漢方 】
悪寒発熱、頭痛身疼、無汗、喘息、苔薄白、脈浮緊


保険適応、効能など



悪寒、発熱、頭痛、腰痛、自然に汗の出ないものの次の諸症:
感冒、インフルエンザ(初期のもの)、関節リウマチ、喘息、乳児の鼻閉塞、哺乳困難

  出典 ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)


処方構成



  出典 matomail.biz

発汗解表、宣肺平喘


方義




発汗、平喘、利水



発汗解表、温通通陽



止咳平喘、潤腸通便



補脾益気、潤肺止咳、緩急止痛、緩和薬性


処方鑑別



葛根湯
本方と同じく表寒表実用であるが、もう少し病変が浅い所にある。腰痛関節痛がなく項背強痛がある。(太陽陽明合病)

桂枝湯
表寒虚証、悪寒発熱、自汗、脈浮緩。(太陽中風)

小青竜湯
裏寒と表証、鼻水。くしゃみがあり、心下水気有の証。

麻杏甘石湯
悪寒発熱がなく、喘息、咳嗽が烈しく、黄色粘痰がある。発汗傾向と口渇を伴う。排熱の喘咳。

引用元:http://sharetube.jp/article/5906/


参考リンク



・ツムラの漢方薬、五十音順にまとめました(1~138)
http://sharetube.jp/article/5906/

・生薬のブログ: 生薬一覧
https://ktuasmuar3i.blogspot.jp/p/blog-page.html

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.