『世界に一つだけの花』の真実

SMAP解散直前に知っておきたい

本日 1pv

合計 563pv


スポンサードリンク

「#SMAPは終わらせない」「#世界に一つだけの花」  こうしたハッシュタグのもとSNS上から広がったファンの購買運動。それにより、SMAPの楽曲『世界に一つだけの花』のオリコンCD累積売上枚数はついに300万枚を突破した。さらには同曲が収録されたベスト盤『SMAP 25 YEARS』も初回出荷80万枚を超えるなど、12月31日の解散を前にして異様な盛り上がりを見せている。
 
またこちらも先日発売となった『SMAPと平成ニッポン―不安の時代のエンターテインメント―』(光文社新書・太田省一著)によると、SMAPの代表曲の一つでもある『世界に一つだけの花』には知っておくべき5つの秘話があるという。
 
(1)草なぎ剛は売れると思ってなかった
 
草なぎ剛(42)が主演した『僕の生きる道』の主題歌にもなっている同曲。2015年9月23日の『MUSIC STATION ウルトラFES』でタモリ(71)に「ヒットすると思ってた?」と尋ねられた際、「僕は正直、そんなに思わなかったですね」とあけすけに答えている。
 
(2)デモテープに鳥肌が立った木村拓哉
 
木村拓哉(44)は、自らのラジオ『木村拓哉のWhat s UP SMAP!』(2012年11月23日)で同曲の秘話を告白。作詞・作曲の槇原敬之(47)が謳う同曲のデモテープを聞いたとき、「ホント、鳥肌が立った」と語っている。
 
(3)21世紀に入って一番売れたCDシングル
 
オリコン調べ。発売された2003年だけでも、211万枚のダブルミリオンセラーを達成している。さきほど触れたように、現在の売り上げは300万枚を超えている。
 
(4)紅白での歴史的快挙
 
SMAPは2003年『NHK紅白歌合戦』でが大トリを務め、同曲を歌っている。50年以上の紅白の歴史のなかで、グループ歌手による大トリはこのときが初めてだった。
 
(5)あの日は「1月14日」
 
SMAP解散阻止というファンの意志を表明するように、『世界に一つだけの花』が突如チャートに登場したのは2016年1月14日(「分裂・独立」危機が一部スポーツ紙から伝えられたのが、1月13日)。
 
いまやSMAPとファンとの絆になっている『世界に一つだけの花』。『SMAP SMAP』最終回でも、同曲が歌われることになっていると報じられている。解散によって 封印 も噂されているが、儚くも私たちとSMAPとの絆は断ち切られてしまうのだろうか。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.