キュッとしたくびれの作り方

「水着似合うね」と言われちゃおう!

本日 0pv

合計 580pv


スポンサードリンク

暑い日が続くと、友達や彼を誘って海やプールに出かけたいですよね。でもちょっと待って!水着が似合う体になっていますか?せっかく可愛い水着を買ってもぽっこりお腹だと魅力が半減してしまうかも。そこで今回はカンタン動作や習慣で出来るくびれの作り方をご紹介。くびれを作って友達や彼に自慢しちゃいましょう。

◆トレーニングだけではくびれはできない

そもそも腹筋は主に3種類の筋肉があります。正面にある腹直筋(ふくちょくきん)、横腹にあり縦に伸びている腹斜筋(ふくしゃきん)、骨盤を支える腹横筋(ふくおうきん)の3つでお腹を支えています。

その中でも、くびれを作るのに必要なのが横腹にある腹斜筋です。

腹斜筋は普段の生活ではなかなか使わない筋肉のため、トレーニングや生活習慣を見直すことで作ることができますよ。

◆便秘体質を作らない

くびれを作っていくためにまずは体質を改善していきましょう。特に便秘は老廃物を体に溜めているため、できるだけならないようにすることが重要になっていきます。

重度な便秘になると、腸内は1~3キロもの老廃物が溜まってしまうのだとか。

便秘にならないように、食物繊維を摂ることはもちろん、たんぱく質や脂質もバランスよく食べてくださいね。

また、ヨーグルトや納豆といった発酵食品を食べるのもオススメ。乳酸菌が腸の環境を整えてくれ、痩せ体質に導いてくれますよ。

◆お腹をひねる

お腹をひねっていくことで効率よく腹斜筋を鍛えることが出来ます。

1、脚はそのままで、上半身だけをひねることで、腹斜筋をシェイプアップに繋がります。休憩中やストレッチをしたい時にお腹を大きくひねるようにしてくださいね。

2、手を肩に置き、下半身は動かさず、上半身だけを右に倒していきましょう。この時、左側のお腹の筋肉が伸びるのを感じるはず。ゆっくり呼吸を行いながら左右同じ回数で行うようにしてくださいね。

◆骨盤の歪みに気をつける

骨盤の歪みはくびれ作りを妨げるだけでなく、ぽっこりお腹を作る原因にもなります。

骨盤の歪みを解消するには柔軟体操がオススメ。体を柔らかくすることで、歪みにくく、代謝も上げることが出来ますよ。

股関節を大きく動かしたり、ストレッチで体を十分にほぐしたりしてくださいね。

◆斜腹筋をマッサージ

運動で斜腹筋をシェイプアップするのも良いですが、マッサージすることでさらに効果をアップさせることができますよ。

お腹の横のラインに手を置き、上下にさするようにしましょう。擦るようにマッサージしていきましょう。こうすることで体の巡りを良くするだけでなく、便秘改善にも効果をもたらしてくれますよ。

お風呂に入っている時は寝る前など、リラックスしている状態で行いたいですね。

いかがでしたか?

今回はくびれを作るためにやりたいことをご紹介しました。

運動でシェイプアップすることはもちろん、食生活で体を変えていくことも美しいくびれを作る近道です。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.