NHK受信料強制は合憲か 最高裁、6日に初の判断

最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は六日、受信契約を拒む東京都内の男性にNHKが受信料の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、受信料制度の合憲性について初の判断を示す。

本日 1pv

合計 54pv


スポンサードリンク

  出典 tmiyadera.com

主な焦点は「受信設備を設置した者はNHKと受信についての契約をしなければならない」と定める放送法六四条一項の解釈だ。
 被告の男性側は、この規定が強制力のない努力義務だと指摘。もし努力義務ではなく強制を認めているとすれば、憲法が保障するとされる「契約の自由」を侵害すると主張する。
 一方、NHK側は「豊かで良い番組を放送する公共放送としての役割を果たすため、受信料制度には十分な必要性と合理性があり、憲法に違反しないのは明らかだ」とし、受信契約は強制できると反論している。
 最高裁は判決で、契約成立の条件についても判断を示す見通しだ。

  出典 東京新聞:NHK受信料強制は合憲か 最高裁、6日に初の判断:社会(TOKYO Web)
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.