天守からの眺め守る 名古屋城周辺の建物に市が高さ制限のニュースまとめ

名古屋市は名古屋城周辺の建物について、天守から半径1キロ以内を「標高50メートル以下」などに制限する制度を設ける。天守の展望室から見下ろす景観を守り、城内外から望む天守の背景に建物が入り込まないようにする狙い。

本日 2pv

合計 159pv


スポンサードリンク

  出典 img.cmeg.jp

答申は、原則として外堀通より北側で、天守から半径1キロ以内の建物は標高50メートルに制限。ただし天守より南側の三之丸エリアにはすでに高層建物があるため、制限は天守と同じ62メートルとした。城内の本丸と西之丸が代表的な天守の撮影場所のため、背景になる城西側と北側の一部の1~1・5キロの範囲でも80~160メートルの高さ制限を設けた。

 一方、名古屋テレビ塔のスカイデッキ(約100メートル)と天守との間の建物には、繁華街のため高さ制限は設けない方針だ。地権者らに反対意見があるという。規制に強制力はなく、答申は地権者の理解が得られるよう市に努力を促す内容にとどめた。

  出典 天守からの眺め守る 名古屋城周辺の建物に市が高さ制限|au Webポータル国内ニュース
  

出典 Youtube

名古屋城天守閣
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



    スポンサードリンク

    話題まとめHOT

    当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


    Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.