2年前に予兆…SMAP解散がテーマだった異色ドラマの舞台裏

年内での解散を発表したSMAPだが、すでにその“予兆”は2年前にあった。

本日 0pv

合計 1643pv


スポンサードリンク

14年にSMAPのメンバーがそろって初の総合司会を務めるフジテレビ系の特番「武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ」の中で、5人全員で出演するスペシャルドラマ「俺たちに明日はある」が放送された。

 10年ぶりに全員が出演するドラマとなったが、なんとドラマのテーマは「SMAP解散」。世間に突如としてSMAPの解散情報が流れ、ソーシャルネットサービス上でウワサが拡散。芸能マスコミもすぐさま後追いし、音楽、テレビ業界にも激震が走ったが……。

 結局、解散はせず、うわさの出どころは明石家さんまだったというオチだったが、2年後、ホントに解散発表となってしまった。

「当時、チーフマネジャーをつとめていたI氏は、メンバーの結束を深めるために総合司会を“逆オファー”したそうです。しかし、ドラマの内容についてはジャニーズの幹部からかなり批判の声があがっていました」(フジテレビ関係者)

 さらに、同特番の目玉は45分間ノンストップで27曲を歌ったライブだったが、その時点で「1対4」の構図が浮き彫りになっていたという。

「会場にはメンバー個別の控室を用意することができず、“大部屋”での待機だった。キムタク以外のメンバーはその部屋で談笑していたが、キムタクは居心地が悪かったのか、外に出てスタッフ相手に談笑していました。その際、キムタクは腕立てや懸垂をして日ごろから鍛えている肉体を誇示。それを見た中居は『よくやるよな』と冷ややかな反応でした」(現場にいたスタッフ)

 周囲が尽力したところで、どだい埋められる溝ではなかったということだろう。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.