貴女に合う髪型は?挫折しない髪型の選び方

美容・トレンドにおいて、髪型は貴女の持ち味が最も反映される要素です。

トレンド雑誌などで解説された服の衣装合わせは、誰にでもそこそこは格好良く決める事ができますが、髪型は似合う・似合わないが個人によってかなり表れます。

本日 1pv

合計 228pv


スポンサードリンク

小顔はビューティーの要件とされる1つの要素です。

小顔の方は小顔をアピールし、そうでない方はできるだけ顔を小さく見せる事が求められます。

従って顔の大きさは髪型を選定する上でとても需要になります。



小顔をより一層アピールするためにボブやギブソンタック、ポニーテールなど、髪を横に流さないように素敵に整えます。

顔全てが小柄に調和が取れ、小顔が際立ちます。

反対に顔が大きい人がこれをすると顔がより一層大きく見えてしまうので、控えるようにしましょう。



ウェーブロング、パーマなど小顔とは反対に髪を横に広がるように見せ、相対的に顔を小さく見せましょう。

私たちは周囲の物と対比する事で物の大小を決断します。

顔が大きな方でも小顔に見せる事は充分にできるです。



これは想像に難くないと考えます。

30代を過ぎたあたりの方がツインテールをするのは、やはりに控えた方が良いでしょう。

年齢相応の髪型を選定するのは、むしろ髪型選択しにおいて最優先事項という事ができます。

「年齢相応」という会話にピンとこない方は、セミロングなど無難な髪型で美しく仕上げる事をベストチョイスします。



顔の形も肝心な決断要素です。

「他の人だと非常に似合っているのに、自身がそれをすると全然決まらない」というのは顔の形の差異によるものです。

えらが張っている人はボブやセミ長いで巧妙にえらを隠し、小顔に見せるだけでかなり心象が移ろいます。

反対に顔が縦に長い人がこれをすると、顔がより一層長い間見えてしまいます。

顔が縦に長い人はポニーテールか率直長いにすると美しいな顔立ちがより一層整って見えます。

丸顔の人はギブソンタック・またはパーマをかけると顔総体が可愛らしく整います。



髪型の似合う・似合わないはムードといった曖昧なものではなく、具体的な根拠によって決断可能なものです。

長いの人がいきなりボブにするのはかなりハードルが高く、間違いしたケースの危険性が大いに高いです。

具体的な根拠をもとに「必ずに似合うはずだ」という確信をもって髪型を変更しられるようにやりたいですね。

この文章をポイントに、貴女も自身に最も合った髪型を模索してみましょう。



↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.