社会性不安障害(SAD)を知っていますか?症状や治療方法をご紹介

社会性不安障害(SAD)を知っていますか?症状や治療方法をご紹介

本日 0pv

合計 439pv


スポンサードリンク

「SAD」とは、不安障害の一種です。
 人前で話すことや公の場に出ることで、誰もが緊張します。しかし、普通の人であれば次第にその状態に慣れていきます。
 SADの患者さんの場合、この緊張状態にいつまでも慣れないのです。耐え難い精神的な苦痛や動悸が続き、やがて人前に出ることに強い恐怖心を抱くようになってしまいます。日常生活にも支障をきたしてしまうのです。
 SADをあがり症だと勘違いしてしまう人もいますが、あがり症とは別の病気です。

  出典 精神疾患・SADの病状と治療方法

SADの患者さんが、このような状況に「強い不安」を感じるとき、具体的には次のような症状が現れてきます。
•手足が震える
•息が苦しくなる
•動悸がする
•大量の汗をかく
•顔が赤くなる
•声が出なくなる
•頻繁にトイレにいきたくなる など

  出典 社会性不安障害(SAD) | e治験.com

SADは、以前は「まれな病気である」という認識でしたが、 「全人口の約10~15%の人が罹患(りかん:病気にかかること)している」という海外の大規模調査の報告もあり、現在ではSADは決して「まれな病気ではない」と認識されるようになっています。
SADは、10代半ばから20代前半で発病することが多く、性別では男性より女性のほうが多いと言われています。なお、アメリカで行われた調査によれば、SADの発病年齢の平均は15歳となっており、不安をもつ障害の中で最も発病年齢が低いと言われています。

  出典 社会性不安障害(SAD) | e治験.com

 SADは認知行動療法と投薬治療で治療していきます。
 認知行動療法では、「SADという病気なのだから、緊張しても不思議ではない」と自分に言い聞かせることです。そして、緊張を乗り切ったときには成功体験となり、その成功体験を積み重ねていくことで自信を得られます。
 投薬治療では、セニトロンを増やして脳内を正常にするため、SSRIを投薬していきます。こうすることで、緊張状態を和らげることが出来ます。
 SADでは医療機関の協力が必要です。1人で悩まずに精神科や心療内科で治療しましょう。

  出典 精神疾患・SADの病状と治療方法
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.