腰パンは元々囚人服だった

英語では“sagger”(sag は垂れ下がったという意味)と呼ばれ、元々は、ニュースクールのヒップホップ系ファッションだった。その始まりには諸説あるが、囚人服の風采に由来するとの説が有力視されている。

本日 1pv

合計 3582pv


スポンサードリンク
2位「腰パン」、1位は? ダサいと思われる男性のファッションTOP3 | 恋愛jp
http://ren-ai.jp/54575
2位「腰パン」、1位は? ダサいと思われる男性のファッションTOP3

英語では“sagger”(sag は垂れ下がったという意味)と呼ばれ、元々は、ニュースクールのヒップホップ系ファッションだった。その始まりには諸説あるが、囚人服の風采に由来するとの説が有力視されている。囚人服は、たいてい大きめの物が用意されており、自殺防止や武器として使用を防ぐ理由で、ベルトの着用が許されていなかったため、自然とずり落ちてきた。ヒップホップは抑圧されたアフリカ系やヒスパニック系の文化であり、社会への反骨と受刑者への羨望、あるいは実体験から、囚人のスタイルを模して、腰パンファッションが生まれたと考えられる。実際は貧困から成長後も着用できる大きなサイズの服を買い与えたところから定着した[1]。

  出典 腰パン - Wikipedia

  出典 pds.exblog.jp

  出典 blogimg.goo.ne.jp

  出典 image.space.rakuten.co.jp

日本においては、一部のヒップホップ系ファッション、サーファーやスケーターの間で1990年代前半からされていたが、1990年代後半に男子中高校生の間で制服の着こなしとして大流行した。関東から全国へ広がり、茶髪・ピアス・ミニスカート・ルーズソックスと並び、校則違反のファッションとして学校を悩ませる社会問題となった。 2000年前後の流行には、ドラゴンアッシュなどのJポップのミュージシャンの模倣があった[2]。
また、近年では女性においても学校指定ジャージ、スウェットなどで腰パンしている者も見受けられるようになり、男性に限ったものではなくなってきている。

  出典 腰パン - Wikipedia

腰パンは制服での着こなしにおいて、一般的にみられる。学生服・ブレザーどちらにおいてもなされている。腰パンの仕方としてはベルトをしない、またはベルト通し一杯の、幅広のベルトで尻に締めたりする。中には、ズボンのホックやチャックを開けて履いている中高生も多い。下げ幅は腰骨から3~4㎝に止まらず、10㎝以上ずり下げて下着を露出させている高校生も少なくない。[要出典]
学生の腰パンは日本のみならずアメリカにもみられ[3]、モラトリアムファッションとされる。

  出典 腰パン - Wikipedia

「目に入るたびにズボンを全部下げてやりたくなるんだよな、あの格好」。元同僚がブツクサ文句を垂れていた。最近入ったアルバイトの“腰パン”が気になって仕方ないという。



常識的な(?)大人にはすこぶる評判の悪い、腰パン。ズボンをずり下げ、時には下着まで見せてはくあの格好、本家のアメリカでは条例で禁止した自治体まであるとか。しかし本人たちはどこ吹く風。特に中高生の間ではほとんど定番と化しているよう。そんな子供たちの姿に、親ならきっとこんな疑問を抱いたことがあるに違いない。

  出典 中高校生が腰パンにしたがる理由 - コラム - ビジネスEX
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.