スポンサードリンク

アラビア語を研究しているラトクリフさんはこう語る。


  出典 matomail.biz

東京外国語大学・言語情報コース
ラトクリフ・ロバート助教授

Q. サハラ砂漠は「砂漠砂漠」という意味?

ラトクリフ助教授
「ああ、そうですね。アラビア語では『サハラ』という単語は『砂漠』という意味だから、『サハラ砂漠』は『砂漠砂漠』という意味になります」


  出典 matomail.biz

ちなみに


「英語でも『サハラデザート』というんですから、同じような意味になるんですね」

アメリカ人も「デザートデザート」と呼んでいた。

【補足トリビア】
①アラビア語で「サハラ」=「何もない」という意味から転じて「砂漠」のことを「サハラ」と呼ぶようになった。
②サハラ砂漠は世界最大の砂漠であり、世界の砂漠面積の約3割を占めている。
③アフリカ大陸にあるサハラ砂漠以外の砂漠は、地名を前に付けて「○○サハラ」と呼ぶが、サハラ砂漠はあまりにも広大なため、現地の人は「サハラ」とだけ呼んでいる。ただし、サハラ砂漠の中でも、場所を特定するときは、西のサハラ、南のサハラなど、地名や方角を前に付けて呼ぶこともある。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.