汚れが気になったら即実行! スニーカーの正しい洗い方

スニーカーは洗わずにいると傷みが早くなります。汚れが気になってきたら洗ってみましょう。

本日 0pv

合計 1003pv


スポンサードリンク
簡単なスニーカーの洗い方3選|黄ばみ汚れや洗剤のpointも
http://kinisuru.com/sneakers-washing-17589
白いスニーカーや革またはスエードの靴は洗わないと臭くなってカビが生えたり、汚れが目立ちますよね。そんなスニーカーの簡単な洗い方と人気ブランドのナイキさん・コンバースさんにお手入れ方法を聞いてみました。

洗えるスニーカーと要注意なスニーカー
スニーカーの素材には、綿や化学繊維の布製や皮革製、合成皮革製などいろいろあります。布製は比較的考えずに洗えますが、皮革製や合成皮革製は水や普通の洗剤では傷むことが多々あるので要注意。皮革スニーカーは専用クリーナーを使ってケアしてください。また、学校の上履きなどゴムが目立つ靴はゴムの対策も気にして洗いましょう。

スニーカーの洗い方
●準備
まず、ヒモのついたものはヒモを外し、泥がついているものは古歯ブラシなどのブラシを使って落とせるだけ払い落します。

●洗う
手荒れ防止に手袋をし、洗剤液と靴用ブラシ(古歯ブラシでも○)で靴をこすり洗いします。洗剤は普通の洗濯用洗剤でOK。汚れのひどいもの(かなり汚れてから洗うことも多々ありますよね)なら、浸け置き洗いがおすすめ。スニーカーがすっぽり入るくらいのバケツや洗い桶に洗剤液を作り、そこへ浸します。なお、以下の点に注意しましょう。

・洗濯表示に中性洗剤を、とあればそれに従ってください。

・薄め液にはぬるま湯を使った方が洗浄力がUP!

・内側の奥や重なりのある細かい部分は古歯ブラシが便利。靴ひももブラシで洗います。

・ゴムは擦りすぎると傷むのでほどほどに!

●すすぎ
すすぎは、水を換えブラシでこすりながら、何度か洗い流します。奥の方の洗剤もきちんとすすいで。

●脱水
タオルや雑巾など布で水分を拭き取るか、専用ネットに入れて脱水機にかけます。脱水機は型崩れやゴムが傷む可能性があるので大切なものは拭き取りが無難です。

●干す
ゴムは紫外線や熱で傷みやすいので、上靴などゴムが目立つものは特に日陰の風通しがよい場所へ干すのがおすすめです。干すときは、斜めに立てかけたり、針金ハンガーを曲げて吊るすなど工夫して。乾いたら、紐があれば戻せば終了です。

お好みですが、汚れ防止ワザとして撥水スプレーをかけておくのもおすすめ。水濡れだけでなくホコリや砂などの付着を軽減することができます。

  出典 コネタ by auニュース
↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.