私は何故、保育士をやめたのか?Part2

私が保育士辞めた理由。

本日 0pv

合計 130pv


スポンサードリンク

コラム:私はなぜ、ここまで堕ちたの
か Part2

また、小学校受験の際に忘れられないトラウマも一緒に経験しました。

当時、受験するために塾に通っていてその塾の友達と受験しました。

その子は母子家庭で、お母さんが一人で子供を育てている家庭でした。

受験会場まで一緒に行って、受験会場でも席が隣同士でした。

「受験中はおしゃべりしちゃダメよ。」

そう言われていたのですが、並んでいた時にかなり待たされたため一言その子にこう伝えました。

「遅いねぇ。まだかなぁ?」

その後、私もその子も受験に失敗しました。

帰り道。

「おしゃべりしなかった?」

と聞かれ、たった一言だったのでおしゃべりに入らないと考えた私はうん、と答えました。

合格発表当日、その子の母親から電話が入りました。

「話してないと言ったのに話しかけられたと娘が言ってる!」

と。

私の母はカンカンになり、私に問いただしました。

「あれだけ話したらダメって言ったでしょ?!」

私も反論しました。

話したけど一言だけだと。

母親は、嘘だと言って聞きませんでした。

その日、私はめちゃくちゃ叩かれ怒鳴られ寝ることすら許されませんでした。

母親の事は、大嫌いでした。

でもその反面、母親の気持ちに共感できるのは父の家庭が頭がいい人が揃っていたため、きっと見栄を張りたかったという事です。

そんなことのために、私は歌手になる夢も作曲する夢も奪われたのです。

もともと、保育士になりたかったわけではありません。

保育士は母親の夢でした。

当日の私は、母親に嫌われたくなかったんです。

夢や希望を諦めてでもその道に進む覚悟はできていたのですが、いざやってみると私に似た子どもを大勢みて胸が張り裂けそうなほど苦しくなるのでした。

  出典 コラム:私はなぜ、ここまで堕ちたのかPart2|hibiku0207のブログ

私のブログより引用。

↓このまとめが気にいったら下のボタンをクリックお願いします。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※当ページで掲載しているまとめ記事については、あくまでも登録ユーザーの判断に基づいた内容です。リンク先での内容、商品購入やレビューにおける最終的な判断はご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。なお、当サイトの内容を参考にして、購入したことによって不利益が出たとしても、当方では一切の責任は持てませんので御了承ください。

あなたへオススメ関連まとめ(こんな記事も読まれてます)



スポンサードリンク

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 はじめて記事作成する方 既に登録済の方(ログイン) プライバシーポリシー お問合せ


Copyright(c)まとめーる All Rights Reserved.